食肉卸会社向けシステム 在庫管理、販売管理、生産管理、債権債務管理ほか

食肉会社向けシステム開発と販売をしております

食肉会社向けシステム開発私たちは食肉会社向け輸入、販売、生産、勘定系をはじめ畜産に関わる統合管理システムを1990年頃から開発をしています。中でも食肉卸向け販売管理システムは更新を重ねて現在国内約25社(年商約5億~2000億円企業)でご利用頂いております。毎年のように変化する環境に応じて原産地表示、トレーサビリティ法、税率変更などへの対応はもちろん部門別管理を初めとする社内管理機能も充実しています。もちろん日常業務の運用サポートは迅速です。
国内大手食肉総合会社およびグループ会社のシステム開発・保守しているチームが様々な問題点を解決します。お気軽にご相談ください。
※導入実績、稼働環境など詳しくはこちら
※中小企業、SOHO向けのサポートは当社が行い開発は英知アシスト株式会社が行っております。


自社冷蔵庫の場合は社内ロット採番が必要なシステムです

自社冷蔵庫のロット採番このシステムは個別法(原価法)、または個別法(原価法)に基づく低価法(オプション)で管理するため「社内ロット」を仕入れ時に自動採番します、そのため自社冷蔵庫、加工工場などで社内ロット管理をご希望しない場合は適正な管理が出来ないため導入はできません。特に国産牛管理では社内ロットと個体識別番号の紐付けがトレーサビリティ法遵守には必須になります。また社内ロットは原産地、賞味期限管理および他のシステムとの連携にも必要です。
※営業冷蔵庫(外冷)のみを使用している場合は管理ができていますのでこの販売管理システムの導入が可能です。

自社冷蔵庫で自社ロット導入には(オプション)
自社冷蔵庫管理パックが必要です、ハンディターミナル、携帯バーコード印刷機、Wi-Fi機器、中継サーバ、運用指導、本番サポートがセットになったパックです。

加工管理、生産管理では(オプション)
社内ロットにて連携します、その他に加工管理番号、品質保証番号、製造管理番号なども搭載可能です。簡易な連携システムから本格的な温度別冷蔵庫管理、仕掛品管理から原価計算までサポートした生産管理システムもございます。連携する勘定系システムでは経理ソフトへの振替伝票などの二重入力などが不要になります、買掛、売掛の債権債務管理機能はこの販売管理システムに標準搭載されています。



食肉卸向け販売管理システムパッケージの特長

食肉卸、食肉加工販売において通関後や国産原料買付後の国内卸販売向けにデザインされた低価格、高機能の売掛、買掛、在庫の統合管理ができる販売管理システムです。生産管理、輸入管理、勘定系はオプションになり連携することで徹底した二重入力の排除が可能になります。現在多くの国内食肉会社様にご利用頂いておりますので業界特有の取引、様々な決済条件に対応出来ます、また社内業務の標準化、見える化が可能になります。

【営業サポート】
今まで営業の方がエクセルなどで作業していた引取先、配送先などそれぞれにきめ細かな指示や指定ができる配送依頼書、デリバリー明細書、出庫依頼書、名義変更依頼書が手軽に印刷、そのデータを利用して計上処理が可能です。また過去数年間の取引内容を瞬時に表示し再利用が可能です。一度ハンディ(オプション)などで取り込んだ情報や入力した情報はそのまま利用します。事務処理はキ-ボードの操作を最適化していますので早い入力が可能です。ワンライティングシステムとして営業および事務職の方のアンケートやヒヤリングを繰り返し行いシステムを最適化しています。

【在庫管理】
在庫管理では任意期間の設定によりロット別に滞留在庫などのワーニング表示などが可能です。在庫カード(引当原票)のご利用も可能です。賞味期限管理では複数商品を振り替えてもその中で一番古い在庫情報が継承され法令に準拠しています。在庫棚卸照合表の印刷や重量精算に関するメニューが豊富です。

【個体識別番号】
国産原料では法令に基づいた個体識別番号管理を実現しています。個体識別番号管理台帳や豊富な問い合わせ画面から瞬時に個体識別番号に応じた仕入先、社内売買、売上先の履歴表示が可能です。
(この機能のみの提供はしておりません)

【売掛、買掛管理】
取引先管理では食肉業界独特の決済条件(国内)に対応しています。買掛照合、支払い予定消込み機能、消込み進捗管理機能により月末に集中する支払い処理などを事前に準備ができ月末に集中する消し込み処理が事前に可能です、さまざまな相殺処理に対応しています。管理機能として入出金予定(得意先別、銀行別、日別)を容易に把握でき経営をサポートします。標準では勘定奉行への仕訳連携機能を搭載しています。その他の経理ソフトは若干のカスタマイズで連携可能です。

【与信管理】
与信管理では上限超えて入力処理できないような入力制御またはアラートを設定できます。与信設定は会社別、グループ別(連結会社グループなど)に設定ができます、また相殺を対象にするかどうかも設定可能です。

【管理部門サポート】
部門別管理(最大99部門)のための社内売買が可能です。

【統制】
アクセスコントロールによる担当者別制御、二重チェック、誤謬防止、操作履歴、各種管理機能によりIPO、システム監査にて複数監査法人より「適正*」の評価を受けております。また規模に応じて二重チェックや承認プロセスをスキップした運用も可能です。

*適正意見は社内規程、規定、規則などに基づいた運用によります。
*標準では個別法、実現主義に基づいての運用を想定しています。

販売管理システムのマニュアル、FAQなどはこちら